UNchained labs Japan

 

次世代の医薬品QCツール:トラブルフリーの医薬品供給

  HOUND

 

  1. 3つの測定モード:顕微鏡 , ラマン(532 nm/785 nm), LIBS を搭載

  2. ライブラリーを用いることで、あらゆる異物の同定が可能

  3. 数分で不溶性粒子を完全に識別

1台でパーティクルのカウントから、異物物質の同定まで実施できます。測定モードは、顕微鏡、ラマン(2波長から選択)、LIBSの3つを搭載し、ライブラリーを用いることで、粒子、異物が何であるかの同定も可能となっております。ほんの数分で、 不要なパーティクルを完全に識別し、そのソースを見極め、プロセスを修正することができます。

  BOUNCER

  1. ガラス、プラスチックシリンジに対応

  2. 顕微鏡+特殊波長でシリコンの焼き付け状況を識別

  3. 数分でシリンジ内部 360 度のマッピングを完了

注射剤に用いられるシリコンオイルは可動性の担保に必要不可欠ですが、薬物中に溶け出すとタンパク質製剤の凝集を引き起こす原因となります。BOUNCERは、ガラス、プラスティック上でのシリコンを検出、定量するための特殊波長を用いており、非破壊でシリンジ内のシリコン塗布状態を2D, 3Dマッピングが可能です。

cGMPラボによる受託分析サービスについて

受託分析はドイツ(ベルリン)、アメリカ(ニュージャージー)にサンプルをお送り頂きます。

HOUNDでは、100um以上をVisible, 100um以下をSub-Visibleとしております。

- Visibleをオーダー頂いた場合、お客様が指定する最大3つまでの粒子の解析を行います。

- Sub-Visibleをオーダー頂いた場合、お客様が指定するparticlesサイズで、最大200 particlesの解析を行います

- 網羅的に分析する場合、Visible+Sub-Visibleの両方をオーダー頂く形となります。

- FT-IRやSEMによる分析も可能です

- お客様が製造プロセスで使用している材料(メンブレン、プラスチックバック、シリコン、ゴムキャップ、金属など何でも可能)をあらかじめリファレンスとしてラマンスペクトルをHOUNDに登録することができます。

価格は3種類のリードタイム別に設定されております(サンプルを受け取ってからレポート返信までの日数)

- Standard : 4weeks

- Expedited : 2 weeks

- Express : 2 days


 

Unchained labsについて

UNchained labsは次世代、かつクールなライフサイエンスツールを提供するカリフォルニア シリコンバレーに本社を置くライフサイエンス企業です。私たちはバイオ医薬品の研究者が大きな発展をもたらすために日々直面する複雑な問題 から解き放つために全力を注いでいます
- 2015年創立
- 過去3年間で6社を買収
- カリフォルニア、ボストン、ニュージャージー、UK、ベルギー、ドイツ、上海、日本に拠点
- 従業員 約 180名
- 日本以外では、累計330台以上販売されており、主要なグローバルのバイオ医薬品企業には、少なくとも1台以上我々のシステムがインストールされております。

​お問い合わせはこちらから

 

 

©  2017 UNchained labs All rights reserved.